失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】

家づくりの経験者が「失敗しない新築注文住宅のポイント」や「ハウスメーカーの比較・ランキング」などをまとめているブログです。

失敗・後悔しない新築注文住宅

【新築・注文住宅】見積もり書の取り方・見方・比較チェック方法

タウンライフの見積書
マイホームの見積もりで悩む人「見積もり書の取り方ってどうやるのでしょうか?また、項目の見方や他社との比較・チェック方法も知りたいです…!」

こんなお悩みに答えます。

こんにちは。家の建て替えを経験した「とある東北人」です。

家づくりに失敗しないためには、「予算内で要望を叶えてくれる業者」を見つけることが重要です。

そして、そうした業者を選ぶのに欠かせないのが「見積もり書」です。

しかしながら、

・失敗しない見積もり書の取り方は?
・項目の見方がわからない…
・比較・チェックするポイントは?
・内容の変更や断り方、値引きの方法を知りたい!

という人も少なくないでしょう。

本記事では、そんな人に役立つ「見積もり書の取り方・見方・比較チェック方法」をお伝えしたいと思います。

新築注文住宅の見積もり書【失敗しない取り方】

相見積もり

「見積もり書の取り方」には、下記の3つのステップがあります。

・1. ハウスメーカー(工務店)の候補を3〜5社選ぶ概算見積もり
・2. ハウスメーカー(工務店)を1社に絞る具体的な見積もり
・3. ハウスメーカー(工務店)との契約前に行う最終見積もり

この順番で行えば、マイホームの見積もりで失敗することはありません。

それぞれのステップを、1つずつ説明していきます。

1. ハウスメーカー(工務店)の候補を3〜5社選ぶ概算見積もり

ステップ1は、業者の候補を3〜5社選ぶための「概算見積もり」です。

当然ですが、自分たちの予算に合う業者でなければ、候補に入れることはできません。

しかし、たくさんの業者から候補を絞っていく段階で、全ての業者に細かい見積もりを依頼するのは大変です。

この段階では概算がわかればいいので、下記のサイトが便利です。

このサイトは無料で利用でき、複数の業者から一括で見積もり書を集めることができます。

入手した見積もり書を比較して、予算に合いそうな業者を絞り込みましょう。

2. ハウスメーカー(工務店)を1社に絞る具体的な見積もり

ステップ2は、業者を1社に絞るための「具体的な見積もり」です。

候補を3〜5社選んだら、それぞれの業者に要望を詳しく伝えて、より具体的な見積もり書にしてもらいます。

また、概算の見積もり書には、

・外構工事
・地盤改良工事
・解体工事(※建て替えの場合)

といった費用が記載されていないことがほとんどです。

これらの費用は、現場となる土地をチェックしないと計算できないからです。

なので、候補となる業者を3〜5社に「敷地調査」を依頼し、上記の費用も計算してもらうようにします。

3. ハウスメーカー(工務店)との契約前に行う最終見積もり

ステップ3は、業者との契約前に行う「最終見積もり」です。

希望の業者を1社に決めたら、打ち合わせを重ねていき、

・金額
・坪数
・間取り(特に部屋数と広さ)
・性能(耐震性、断熱性など)
・デザイン(内装・外観)
・設備
・仕様
…etc

といった点について、要望がきちんと反映されているかを確認し、納得の行く見積もり書に練り上げていきます。

※見積もり書以外に、間取り図、デザインプラン、明細見積書、仕様書などの資料があると思いますので、それらをチェックしましょう。

そして、「これで全て問題ない」となったら、契約を行います。

家 紙幣 電卓
【新築注文住宅を安く】予算オーバーを防ぐコストダウン&値引き方法

続きを見る

Q. 複数の見積もり(相見積もり)は何社するのが適切?

これは、下記の2つのステップによって異なります。

・1. ハウスメーカー(工務店)の候補を3〜5社選ぶ概算見積もり
・2. ハウスメーカー(工務店)を1社に絞る具体的な見積もり

ステップ1では、候補が多いほど良いので「できるだけ多く」というのが望ましいです。

しかし、全ての業者に1社ずつ見積もりを依頼するのは大変なので、下記のサイトを使うとよいでしょう。

このサイトは無料で利用でき、複数の業者から一括で見積もり書を集めることができるので便利です。

ステップ2では、経験上「3〜5社」というのがベストです。

2社では「比較対象」が少なすぎますし、6社以上では、打ち合わせや連絡にかなりの時間がかかってしまうからです。

なお、相見積もりをする上では、候補となる3〜5社に、

・大手ハウスメーカー
・中堅ハウスメーカー
・地元の工務店

バランスよく含まれていると理想的です。

Q. 契約前の見積もりは無料?有料?

ハウスメーカーでも工務店でも、基本的に無料です。

ただ、一部の工務店などでは、見積もりの回数が多くなると有料になる場合があるようです。

Q. 見積もり提案までの時間が遅いのですが、期間はどれくらいが普通?

一般的には、1〜2週間くらいの期間で見積もり書を作ってもらえます。

しかし、敷地調査が必要だったり、業者が忙しかったりすると、1ヶ月くらいの時間がかかることもあります。

Q. 工務店が見積もり書を出さないのですが…

一部の工務店では、予算や資金計画を話し合ってからでないと、見積もりを出してくれないことがあるようです。

ただ、それが面倒くさいのであれば、よほど気になる業者でない限り、候補から外してもいいと思います。

Q. 見積もりをシミュレーションする方法はある?

以下の2つのサイトで、見積もりをシミュレーションすることができます。

建てたい家の費用が無料でわかるシミュレーションサイトです。

希望の間取りや坪数、住宅の仕様などをポチポチと選んでいけば、かんたんに見積もりができます。

また、見積もり額をもとに、ローン返済のシミュレーションも可能です。

実際の業者が、「見積もり書」を無料で作ってくれるサイトです。

大手のハウスメーカーから中堅、ローコスト系、そして地元の工務店まで、いろんな業者から一括で見積もり書を集められます。

業者と直接会う必要がなく、ネット上で全て完結するので手間がかかりません。

家づくりの予算
【マイホーム】予算・ローン・費用シミュレーションサイト20選

続きを見る

新築注文住宅の見積もり書【項目内訳・明細の見方】

見積もり書 虫眼鏡

「見積もり書の見方」は、下記の表のとおりです。

ポイントとしては、

・1. どういう項目があるのか?
・2. それぞれの項目の意味は何か?

という2点をざっくり押さえておけば、特に問題ありません。

項目 金額例 項目の意味
A) 本体工事費 (建物本体価格) 15,000,000 建物本体の工事にかかる費用
 仮設工事 ◯◯万円 地縄張り、足場、シートなど現場で必要な設備の工事
 基礎工事 ◯◯万円 建物の土台となる基礎を作る工事
 木工事 ◯◯万円 柱や梁などを組み立てる工事
 屋根工事 ◯◯万円 屋根下地、雨どい、軒、屋根葺き、天窓などの工事
 左官工事 ◯◯万円 基礎や外壁のモルタル、内壁、漆喰などの工事
 石・タイル工事 ◯◯万円 土間や外部の石工事、浴室などのタイル工事
 塗装工事 ◯◯万円 ペンキ、ニス塗り、外壁の吹付け工事など
 給排水設備工事 ◯◯万円 水回りに関する給排水の配管工事
 ガス工事 ◯◯万円 ガス管に関する工事
 住宅設備工事 ◯◯万円 システムキッチンなどの住宅設備を取り付ける工事
 内装工事 ◯◯万円 壁や床、天井など室内の仕上げ工事
 建具工事 ◯◯万円 ドアや扉、ふすま、障子などの建具を取り付ける工事
 造作工事 ◯◯万円 階段や壁の下地などの工事
 雑工事 ◯◯万円 手すりや棚、下駄箱などの作り付け工事など
 電気設備工事 ◯◯万円 スイッチ、コンセント、インターホンなどの工事
B) 別途工事費 (付帯工事費) 2,500,000 オプションの設備や外構、その他工事の費用
 解体工事 必要に応じて 建て替え時などの家屋の解体工事
 地盤改良工事 必要に応じて 軟弱地盤の場合に必要な工事
 冷暖房設備工事 500,000 エアコンなどの空調の設置、床暖房などの工事
 照明器具工事 200,000 照明器具の工事
 カーテン工事費 300,000 カーテンレールやカーテンの設置
 外構工事 1,500,000 門や塀、カーポート、植木などの工事
C) 諸費用 (諸経費) 580,000 建築工事費以外にかかる費用
 地盤調査費用 50,000 地盤の硬さや地質を調べるのにかかる費用
 工事請負契約書印紙代 10,000 建築工事の契約書に貼り付ける印紙代
 建築確認申請料 50,000 住宅建設を自治体に申請する際にかかる費用
 瑕疵担保保険料 50,000 引き渡しから10年以内の施工ミスなどに対する保険
 登記費用 200,000 建物の登記にかかる費用
 地鎮祭費用 20,000 地鎮祭を行う場合の費用
 火災保険料 200,000 火災をはじめ各種災害や事故に対する保険
D) 消費税 (A+Bの10%) 1,750,000
E) 総額 (A+B+C+D) 19,830,000

業者によって、項目の用語や内訳・明細の作り方が異なることがありますが、だいたいこんな感じです。

詳しく知りたい方は、書籍を読むのもおすすめです。

家づくりの本
【家づくり】おすすめの本&雑誌【マイホーム知識の勉強・参考に】

続きを見る

新築注文住宅の見積もり書【比較・チェック方法】

メリット・デメリット

「見積もり書の比較・チェック方法」は、下記のとおりです。

・1. 要望がきちんと反映されているかチェックする
・2. 特定の業者の見積書だけ抜けている項目はないかチェックする
・3. 総額を坪数(施工面積)で割った坪単価を比較する

この3点に注意することで、家づくりの間違いを防ぎ、金額の高い・安いの妥当性を確かめることができます。

これらについて、1つずつ説明していきます。

1. 要望がきちんと反映されているかチェックする

まず、「こちらの要望がきちんと反映されているか?」をチェックしましょう。

なぜなら、

・A社:要望が反映されていないが「総額が安い」
・B社:要望が反映されているが「総額が高い」

という場合は、単純に比較できないからです。

つまり、総額が安い業者に簡単に飛びつかず、「要望実現度と金額のバランス」を見ることが大切ということです。

見積もり書を取る際には、全ての業者に同じ要望を伝えることが大原則です。

もちろん、同じ要望を伝えたとしても、業者によって提案プランはさまざまだと思いますが、

・坪数
・間取り(特に部屋数と広さ)
・性能(耐震性、断熱性など)
・デザイン(内装・外観)
・設備
・仕様
…etc

といった点において、各業者とも、こちらの要望がきちんと反映されているかを確認し、条件を同じにする必要があります。

※見積もり書以外に、間取り図、デザインプラン、明細見積書、仕様書などの資料があると思いますので、それらをチェックしましょう。

2. 特定の業者の見積書だけ抜けている項目がないかチェックする

次に、「特定の業者の見積書だけ抜けている項目がないか?」をチェックしましょう。

例えば、

・外構工事
・解体工事

といった項目が、業者によって「別途見積もり」の場合があります。

外構工事や解体工事のアリ・ナシでは、見積書に「数百万円」の違いが生まれます。

「この業者はかなり割安だな」と感じた場合は、特定の項目が「別途見積もり」になっていないか要チェックです。

3. 総額を坪数(施工面積)で割った坪単価を比較する

最後に、「総額を坪数(施工面積)で割った坪単価」を比較しましょう。

一般的には、坪単価とは、別途工事費や諸費用を除く「本体価格を延床面積で割った値」のことです。

しかし、実際の見積もり書は業者によってバラバラであり、本来は「別途工事費」や「諸費用」に分類される費用が「全て本体価格に含まれている」というような場合があります。

その影響を避けるために、「全部を全部で割った坪単価」を出すわけです。

こうすることで、最も正確かつ公平に「高い・安い」の妥当性を比較することができるのです。

補足1. 項目ごとに高い・安いを比較するのはおすすめしない

項目の細かい内訳ごとに、「高い・安い」を1つずつ比較するのは、あまりおすすめしません。

なぜなら、業者によって「見積もり書の項目や書式」が全く異なり、「どの部分にどのように利益を乗せているか」もバラバラだからです。

※例えば、ある項目がA社とB社で5万円の差があったとしても、その見積もり根拠はブラックボックスであり、金額の妥当性をチェックすることはほぼ不可能です。

重要なのは、「予算内で要望を叶えてくれる業者」を見つけることです。

そのためには、細かい項目の高い・安いにとらわれず、全体を大きく見て、

・1. 要望がきちんと反映されているか?
・2. 特定の業者の見積書だけ抜けている項目はないか?
・3. 総額を坪数(施工面積)で割ったものはいくらか?

という3点をしっかりチェックするようにしましょう。

家 紙幣 電卓
【新築注文住宅を安く】予算オーバーを防ぐコストダウン&値引き方法

続きを見る

補足2. 比較表を作ると比較・チェックしやすい

エクセルなどの表計算ソフトを使える人は、下記のような「比較表」を作ると良いでしょう。

「比較表」を作ることで、

・2. 特定の業者の見積書だけ抜けている項目はないか?
・3. 総額を坪数(施工面積)で割ったものはいくらか?

という2点が比較・チェックしやすくなります。

項目 A社 B社 C社
A) 本体工事費 (建物本体価格) 15,000,000 16,500,000 18,000,000
仮設工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
基礎工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
木工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
屋根工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
左官工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
石・タイル工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
塗装工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
給排水設備工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
ガス工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
住宅設備工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
内装工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
建具工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
造作工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
雑工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
電気設備工事 ◯◯万円 △△万円 ××万円
B) 別途工事費 (付帯工事費) 4,100,000 1,200,000 6,750,000
解体工事 1,200,000 抜けている 2,000,000
地盤改良工事 700,000 抜けている 1,300,000
冷暖房設備工事 500,000 650,000 800,000
照明器具工事 200,000 250,000 300,000
カーテン工事費 300,000 300,000 350,000
外構工事 1,200,000 抜けている 2,000,000
C) 諸費用 (諸経費) 475,000 580,000 880,000
地盤調査費用 50,000 50,000 70,000
工事請負契約書印紙代 10,000 10,000 10,000
建築確認申請料 50,000 50,000 50,000
瑕疵担保保険料 45,000 50,000 100,000
登記費用 150,000 200,000 300,000
地鎮祭費用 20,000 20,000 50,000
火災保険料 150,000 200,000 300,000
D) 消費税 (A+Bの10%) 1,910,000 1,770,000 2,475,000
E) 総額 (A+B+C+D) 21,485,000 20,050,000 28,105,000
坪数(施工面積) 30 31 32
総額÷坪数 716,167 646,774 878,281

例えば、上記の比較表の「総額÷坪数(施工面積)」を考えると、「B社が一番安い」ように思えます。

しかし、B社は、

・解体工事
・地盤改良工事
・外構工事

の費用が抜けているため、同じ条件で比較できないことがわかります。

※この場合は、B社に再見積もり(見積もり書の変更)をお願いするようにします。

新築注文住宅の見積もり書【変更・断り方・値引き】

業者と打ち合わせ

本記事の最後に、

・1. 見積もり書の変更をお願いする
・2. 候補でない業者を断る
・3. 見積もり書の金額を値引きする

という3点について、それぞれの「失敗しない方法」をご紹介します。

1. 見積もり書の変更をお願いする方法

見積もり書をチェックした際に、

・要望が反映されていない(間違っている)
・抜けている項目がある

などという場合は、「変更をお願いしたい」という旨を伝えます。

私の場合にも、「外構工事」と「解体工事」の費用が抜けている業者がいくつかありました。

なので、打ち合わせの際に、下記のように伝えました。

見積もり書を確認したところ、外構工事と解体工事の費用が抜けているようでした。他の業者様の見積もり書には記載されていたのですが、◯◯ハウス様でも費用を見積もっていただくことはできますでしょうか?

このように伝えたところ、全ての業者が快くOKしてくれました。

2. 見積もり提案後のハウスメーカー(工務店)の断り方

見積もり提案後に、ハウスメーカー(工務店)に断りの意思を伝えるには、下記のようなメールを送ります。

件名:この度のご提案につきまして

◯◯ハウス
◯◯ 様

お世話になっております。◯◯です。

先日は、プランのご提案ありがとうございました。

その後、家族内で慎重に検討いたしましたところ、他社様の提案で話を進めるという結論に至りました。

せっかくご縁をいただいたのですが、このような結果になってしまい申し訳ございません。

この度はご尽力いただきまして、誠にありがとうございました。

すると、たいていは以下のような返信メールがくると思います。

◯◯ 様

ご連絡いただきありがとうございます。

残念ではありますが、◯◯様のご選択です。

良い家ができますように、お打ち合わせをがんばってください。

この度は、ありがとうございました。

断り方は、こんな感じで全く問題ありません。

※直接会って伝える必要も、過度に神経質になる必要もありません。

「せっかく提案してもらったのに申し訳ない」と思うかもしれませんが、断りの連絡が遅れると、業者側に期待をかけてしまい、逆に迷惑がかかります。

シンプルに、丁寧な文章を送ればOKです。

3. 見積もり書の金額を値引きする方法

見積もり書の金額を値引きするには、「坪数を減らす」のが最も効果的です。

業者によっても違いますが、5坪減らすだけで「約200万〜300万円」も安くなることが多いです。

例えば、ある業者から「35坪のプラン」を提案された場合、

他の業者様からは30坪でかなり良いプランを提案していただけました。◯◯ハウス様でも全体の坪数を30坪にしていただき、再度ご提案をしていただくことはできますでしょうか?

こんな感じに伝えると良いでしょう。

また、「優先順位が低いもの無くす」というのも有効な手段です。

例えば、

・広い玄関
・大きな子ども部屋
・和室や来客用の部屋
・太陽光発電システム
・床暖房
…etc

これらは本当に必要でしょうか?

いずれも、無くすことで「数十万〜100万円」単位の節約ができるものばかりです。

いまいちど、考えてみましょう。

なお、注意が必要なのは、基本的に「値引き交渉」はしてはいけないということです。

確かに、坪数を減らしたり、優先順位が低いもの無くすといった「常識的なコストダウン」なら全く問題ありません。

しかし、「◯◯の項目がA社と比べて10万円高いから安くしてよ!」などと値引きを強要しすぎると、最も大切な材料費や人件費が削られてしまいます。

すると、ミスや欠陥住宅が起きるリスクが一気に増えますので、注意しましょう。

そうならないためには、「金額の相場」を事前につかんでおくことがポイントです。

例えば、自分たちの希望する家を建てるのに、だいたい「2,000万円〜2,500万円くらいかかる」ということがわかっていれば、

2,000万円以下にしてよ!

というような「無理な値引き」をしなくて済むからです。

金額の相場を事前につかむためには、下記のサイトが便利です。

このサイトは無料で利用でき、複数の業者から一括で「概算の見積もり書」を集めることが可能です。

入手した見積もり書を並べてみれば、だいたいの「金額の幅」がわかるので、相場をつかむことができるでしょう。

-失敗・後悔しない新築注文住宅

Copyright© 失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】 , 2020 All Rights Reserved.