失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】

家づくりの経験者が「失敗しない新築注文住宅のポイント」や「ハウスメーカーの比較・ランキング」などをまとめているブログです。

失敗・後悔しない新築注文住宅

【新築注文住宅】ハウスメーカーの見積もり書公開【実際の例と内訳】

明細見積もり書の実際の例
新築注文住宅を建てる人「ハウスメーカーの見積もり書の実際の例や内訳を見てみたいです…!」

こんなお悩みに答えます。

こんにちは。家づくりを経験した「とある東北人」です。

家づくりをするにあたり、「いくらで家が建つのか?」って、かなり気になりますよね?

例えば、

・総費用や坪単価って実際いくらくらい?
・本体工事費(建物本体価格)や諸費用(諸経費)の内訳は?
・施工費用以外にオプション費用ってかかるの?

という人も少なくないでしょう。

本記事では、そんな人のために「ハウスメーカーの見積もり書の実際の例と内訳」を公開したいと思います。

【新築注文住宅】見積もり書を公開します(実際の例と内訳)

明細見積もり書の実際の例

まず、「新築注文住宅の見積もり書の実例」をご紹介します。

実際に我が家を建て替えしたときの「明細見積もり書」をもとに、

・1. 工事概要および総費用
・2. 建物本体工事費(建物本体価格)の内訳
・3. 別途工事費(付帯工事費)の内訳
・4. 諸費用(諸経費)の内訳
・5. 見積もり書から計算した坪単価

「5つのポイント」に沿って、解説したいと思います。

1. 工事概要および総費用

「工事概要および総費用」は、下記のとおりです。

▼工事概要
・工事:新築(建て替え)
・建物:30坪の木造平屋
・土地:100坪

▼総費用
・3,570万円(税込み)

工事としては、既存の家屋(木造2階建て)を解体し、30坪の平屋に建て替えるものですが、新築に該当します。

また、建て替えなので、土地の購入はありません。

2. 建物本体工事費(建物本体価格)の内訳

「建物本体工事費(建物本体価格)の内訳」は、下記のとおりです。

名称 金額(円)
仮設工事 961,369
基礎工事 2,017,746
木工事 7,039,210
屋根工事 1,099,270
左官工事 106,973
タイル工事 565,800
塗装工事 69,230
給排水衛生設備工事 1,285,360
住宅設備工事 1,764,250
内装工事 673,356
外部建具工事 2,201,500
木製建具工事 667,290
防腐防蟻・防水工事 125,431
電気設備工事 1,941,900
外壁工事 1,006,643
冷暖房工事 659,640
地盤調査 275,000
管理費 1,405,740
調整費 -92,981
消費税 2,377,273
合計 26,150,000

実際は、それぞれの工事ごとに詳細の見積もりがあるのですが、20ページ以上になるため割愛してあります。

3. 別途工事費(付帯工事費)の内訳

「別途工事費(付帯工事費)の内訳」は、下記のとおりです。

名称 金額(円)
外構工事 3,597,142
解体工事 3,630,360
カーテン工事 300,000
調整費 -229
消費税 752,727
合計 8,280,000

建て替えなので「解体工事」が入っています。

普通の新築の場合は、この金額分が安くなると考えてください。

4. 諸費用(諸経費)の内訳

「諸費用(諸経費)の内訳」は、下記のとおりです。

名称 金額(円)
設計料(申請費含む) 600,000
住宅完成保証 100,000
火災保険料 300,000
登記費用 240,000
工事請負契約印紙代 10,000
地鎮祭 20,000
合計 1,270,000

諸費用の金額は、物件によってそれほど変わらないと思います。

5. 見積もり書から計算した坪単価

建物の面積が30坪であり、

・A.本体工事費(税込み):26,150,000円
・B.本体工事費(税抜き):23,772,727円

なので、坪単価は、

・坪単価(税込み):A÷30 = 87.17万円/坪
・坪単価(税抜き):B÷30 = 79.24万円/坪

となります。

「税込み」と「税抜き」で、坪単価が「約8万円」も違いますね笑。

なお、各業者がPRしている坪単価は、もっと安く感じられると思います。

しかし、実際は「仮設工事費」や「冷暖房工事費」など、いくつかの項目が見積もりから抜けていることが多く、その分「安く見せている」ケースがほとんどです。

【新築注文住宅】見積もり書に関するQ&A

Q&A

Q1. 新築ブログで公開されている見積もり書の実例は参考になる?

本ブログでも見積もり書を公開していてなんですが、「あまり参考にならない」と思います笑。

なぜなら、

・1. 人によって要望がまったく違う
・2. 見積もり書の精度がまったく違う

からです。

まず、当然ですが「人によって要望が違う」わけです。

例えば「なるべく安く家を建てたい」人と「性能や設備、内装にこだわりたい」という人では、金額も大きく変わるでしょう。

※なので、他人の見積もり書は参考になるようで、ならないのです。

次に、「見積もり書の精度が違う」ことが多いです。

多くのブログで紹介されている見積もり書は、大半が「概算見積もり」でしかありません。

※ボリュームも数ページ程度で、項目も「一式表示」が目立ちます。

実際は、細かい設計を詰めていくと、ほとんど金額が(高いほうに)変わります。

Q2. 大手ハウスメーカーと工務店で見積もり書の違いはある?

違いはあると思います。

一般的に、

・大手ハウスメーカー:「概算見積もり」かつ「一式表示」が多い
・工務店:「明細見積もり」かつ「詳細表示」が多い

という感じがします。

当然、「明細見積もり」かつ「詳細表示」のほうが、良い見積もり書と言えます。

Q3. 新築注文住宅の概算見積もりと最終見積もりの違いは?

簡単に言えば、下記のとおりです。

▼概算見積もり
・工事内容や材料がざっくりとしか書かれていない
・候補となる業者を絞るときに利用する

▼最終見積もり
・工事内容や材料がかなり細かく書かれている
・業者と契約する直前にチェックする

Q4. 見積もり金額の妥当性が分からない…

見積もり書をチェックするポイントは次の5つです。

・1. 明細見積もり書になっているか?
・2. 総額が予算内に収まっているか?
・3. 要望がきちんと反映されているか?
・4. 特定の業者だけ抜けている項目はないか?
・5. 総額を坪数で割った坪単価はいくらか?

これについては、別記事で詳しく解説しているので、そちらを参考にしてみてください。

タウンライフの見積書
【注文住宅】見積もり書の注意点・比較チェック法【ハウスメーカー】

続きを見る

Q5. 新築の見積もり額は、実際に支払う金額と違うの?

「概算見積もり」の金額は、その後の話し合いによって、大きく変わることがあります。

一方、「最終見積もり」の金額は、工事費用などを正確に算出したものなので、基本的には支払う金額と同じです。

※しかし、業者によっては、まず概算で契約させ、その後、「オプション費用」などと称して追加費用を請求してくる場合があるので、注意が必要です。

Q6. ハウスメーカーや工務店の見積もりって無料?有料?

ハウスメーカーでも工務店でも、基本的に無料です。

ただ、一部の工務店などでは、見積もりの回数が多くなると有料になる場合があるようです。

見積もり書 無料 有料
家の見積もり&間取り図作成料金は無料?│ハウスメーカーの注文住宅

続きを見る

【厳選おすすめ】見積もり書を取るときに便利なサイト

ウェブサイトのイラスト

本記事では、「見積もり書の実際の例と内訳」をご紹介しました。

ところで、

見積もり書を取ってみたいけど、いちいちハウスメーカーや住宅展示場を回るのは面倒くさい…

という人もいると思います。

そんなときはタウンライフ」というサイトが便利です。

タウンライフ

その理由は、

・無料で利用できる
・有名ハウスメーカーや工務店が見積もりと間取りを作ってくれる
・複数の業者から一斉に見積もり書と間取り図を集められる

からです。

1回のフォーム入力だけで、さまざまな業者から「相見積もり」を簡単に取れるので、手間がかかりません。

使ったことのない人は、いちど試してみると良いでしょう。

▼タウンライフ
https://www.town-life.jp/home/

-失敗・後悔しない新築注文住宅

Copyright© 失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】 , 2022 All Rights Reserved.