失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】

家づくりの経験者が「失敗しない新築注文住宅のポイント」や「ハウスメーカーの比較・ランキング」などをまとめているブログです。

失敗・後悔しない新築注文住宅

【新築注文住宅】ハウスメーカーの見積もり書公開【実際の例と内訳】

明細見積もり書の実際の例
見積もり書の実例が見たい人「新築注文住宅を建てるのですが、ハウスメーカーの見積もり書の実際の例を見たいです。総額や坪単価、各種工事費の内訳がいくらくらいか知りたいです。」

こんなお悩みに答えます。

こんにちは。家の建て替えを経験した「とある東北人」です。

家づくりに失敗しないためには、「予算内で要望を叶えてくれる業者」を見つけることが重要です。

そして、そうした業者を選ぶために重要なのが「見積もり書」です。

しかしながら、

・総額や坪単価って実際いくらくらい?
・本体工事費や別途工事費の内訳を知りたい
・新築注文住宅の見積もり書の実際の例を見たい

という人も少なくないでしょう。

本記事では、そんな人のために「ハウスメーカーの見積もり書の実例」「工事費の内訳」を公開したいと思います。

【新築注文住宅】見積もり書を公開します(実際の例と内訳)

明細見積もり書の実際の例

まず、「新築注文住宅の見積もり書の実例」をご紹介します。

実際に我が家を建て替えしたときの「明細見積もり書」をもとに、

・1. 工事概要および総費用
・2. 建物本体工事費(建物本体価格)の内訳
・3. 別途工事費(付帯工事費)の内訳
・4. 諸費用(諸経費)の内訳
・5. 見積もり書から計算した坪単価

「5つのポイント」に沿って、解説したいと思います。

1. 工事概要および総費用

「工事概要および総費用」は、下記のとおりです。

▼工事概要
・工事:新築(建て替え)
・建物:30坪の木造平屋
・土地:100坪

▼総費用
・3,570万円(税込み)

工事としては、既存の家屋(木造2階建て)を解体し、30坪の平屋に建て替えるものですが、新築に該当します。

また、建て替えなので、土地の購入はありません。

2. 建物本体工事費(建物本体価格)の内訳

「建物本体工事費(建物本体価格)の内訳」は、下記のとおりです。

名称 金額(円)
仮設工事 961,369
基礎工事 2,017,746
木工事 7,039,210
屋根工事 1,099,270
左官工事 106,973
タイル工事 565,800
塗装工事 69,230
給排水衛生設備工事 1,285,360
住宅設備工事 1,764,250
内装工事 673,356
外部建具工事 2,201,500
木製建具工事 667,290
防腐防蟻・防水工事 125,431
電気設備工事 1,941,900
外壁工事 1,006,643
冷暖房工事 659,640
地盤調査 275,000
管理費 1,405,740
調整費 -92,981
消費税 2,377,273
合計 26,150,000

実際は、それぞれの工事ごとに詳細の見積もりがあるのですが、20ページ以上になるため割愛してあります。

3. 別途工事費(付帯工事費)の内訳

「別途工事費(付帯工事費)の内訳」は、下記のとおりです。

名称 金額(円)
外構工事 3,597,142
解体工事 3,630,360
カーテン工事 300,000
調整費 -229
消費税 752,727
合計 8,280,000

建て替えなので「解体工事」が入っています。

普通の新築の場合は、この金額分が安くなると考えてください。

4. 諸費用(諸経費)の内訳

「諸費用(諸経費)の内訳」は、下記のとおりです。

名称 金額(円)
設計料(申請費含む) 600,000
住宅完成保証 100,000
火災保険料 300,000
登記費用 240,000
工事請負契約印紙代 10,000
地鎮祭 20,000
合計 1,270,000

諸費用の金額は、物件によってそれほど変わらないと思います。

5. 見積もり書から計算した坪単価

建物の面積が30坪であり、

・A.本体工事費(税込み):26,150,000円
・B.本体工事費(税抜き):23,772,727円

なので、坪単価は、

・坪単価(税込み):A÷30 = 87.17万円/坪
・坪単価(税抜き):B÷30 = 79.24万円/坪

となります。

「税込み」と「税抜き」で、坪単価が「約8万円」も違いますね笑。

なお、各業者がPRしている坪単価は、もっと安く感じられると思います。

しかし、実際は「仮設工事費」や「冷暖房工事費」など、いくつかの項目が見積もりから抜けていることが多く、その分「安く見せている」ケースがほとんどです。

【新築注文住宅】見積もり書の取り方・コツ・注意点

ポイント

ここからは、見積もり書の「取り方・コツ」「注意点」などについて、

・1. 家の要望をまとめる方法
・2. 相見積もりを取る業者の数
・3. 同じ条件で要望を伝える方法
・4. 見積もりを依頼する際の注意点

といった「4つのポイント」を紹介していきます。

1. 家の要望をまとめる方法

家の要望をまとめるには「家づくり要望ノート」を作ります。

普通のノートに要望を書き出しても良いのですが、私のおすすめは、

という本の巻末にある「住宅調書」です。

住宅調書のページ

「住宅調書」は、この本の著者である建築士の方が、家づくりのヒアリングするときに使うものなのですが、要望をまとめる上でとても便利です。

「住宅調書」のページを、コンビニのプリンタなどで「A3サイズ」に拡大コピーすれば、そのまま書き込むだけで「家づくり要望ノート」を簡単に作れます。

2. 相見積もりを取る業者の数

ハウスメーカー(工務店)の見積もりを「何社比較するか?」について、ネット上では、

3社から取るのがベスト

という意見が多いようです。

※「2社は少なすぎて比較できない」「4社以上は多すぎてめんどくさい」というのが理由のようです。

しかし、これは「正解でもあり不正解でもある」と思います。

その理由は「相見積もりの数は、タイミングによって異なる」からです。

具体的には、下記のとおりです。

▼見積もりのタイミング
・1. 概算見積もり:候補を3〜5社選ぶ
・2. 明細見積もり:候補を1社に絞る
・3. 最終見積もり:1社と契約前に行う

▼相見積もりの数
・1. 概算見積もり:できるだけ多く
・2. 明細見積もり:3〜5社
・3. 最終見積もり:しない(1社で煮詰める)

ネット上で多い「3社がベスト」という意見は、候補を1社に絞る「明細見積もり」の段階だと思われます。

※個人的には、「最低3社〜最高5社」くらいまでであれば、問題ないと思います。

一方、例えば「最終見積もり」の段階では、既に業者が決定しているので、相見積もりをする意味がありません。

また、「概算見積もり」の段階では、候補が多いほど良いので「できるだけ多く」というのが望ましいです。

しかし、この段階では、全ての業者に1社ずつ見積もりを依頼するのは大変なので、下記のサイトを使うとよいでしょう。

このサイトは無料で利用でき、複数の業者から一括で見積もり書を集めることができるので便利です。

3. 同じ条件で要望を伝える方法

見積もりでは、すべての業者に「同じ条件で要望を伝える」必要があります。

しかし、難しいことは全くなく、単に家づくり要望ノート」のコピーを各業者に渡せば問題ありません。

すると、「家づくり要望ノート」の内容を踏まえて、各社それぞれの見積もり(間取り)を作ってくれます。

一方で、

・間取りを全く同じにする
・仕様や設備を全く同じにする
・材料のグレードを全く同じにする

といったことは「建築士レベルの設計図を書けない限り不可能」です。

また、これは「公共工事の競争入札」のような考え方で、金額だけで判断する「ダメな見積もり」の例でもあります。

4. 見積もりを依頼する際の注意点

見積もり依頼の注意点は、タイミング別に下記のとおりです。

・1. 概算見積もり:できるだけ多く取る
・2. 明細見積もり:3〜5社と直接会って依頼する
・3. 最終見積もり:無理な値引き交渉はしない

まず「概算見積もり」の段階では、候補が多いほど良いので「できるだけ多く」相見積もりを取りましょう。

ただ、全ての業者に1社ずつ見積もりを依頼するのは大変なので、下記のサイトを使うとよいでしょう。

次に、「明細見積もり」の段階では、「3〜5社と直接会って依頼する」ようにしましょう。

直接会うことで「真剣さが伝わる」ため、見積もりや間取りをそれなりの質で作ってもらえます。

最後に、「最終見積もり」の段階では、「無理な値引き交渉はしない」ことが大切です。

業者を1社に決めたら、予算を正直に伝え、その予算に収まるように「誠実な話し合い」を重ねていくだけです。

【新築注文住宅】見積もり書の見方・比較・チェックポイント

見積もり書 虫眼鏡

業者から見積もり書を出してもらったら、内容を確認していきます。

ここでは、

・1. 見積もり書の見方
・2. 見積もり書を比較するポイント
・3. 見積もり書をチェックする際の注意点

といった「3つのポイント」を紹介していきます。

1. 見積もり書の見方

「見積もり書の見方」については、

・1. どういう項目があるのか?
・2. それぞれの項目の意味は何か?

という2点をざっくり押さえておけば、特に問題ありません。

見積もり書に「一般的に書かれている項目」は、下記のとおりです。

項目 金額例 項目の意味
A) 本体工事費 (建物本体価格) 15,000,000 建物本体の工事にかかる費用
 仮設工事 ◯◯万円 地縄張り、足場、シートなど現場で必要な設備の工事
 基礎工事 ◯◯万円 建物の土台となる基礎を作る工事
 木工事 ◯◯万円 柱や梁などを組み立てる工事
 屋根工事 ◯◯万円 屋根下地、雨どい、軒、屋根葺き、天窓などの工事
 左官工事 ◯◯万円 基礎や外壁のモルタル、内壁、漆喰などの工事
 石・タイル工事 ◯◯万円 土間や外部の石工事、浴室などのタイル工事
 塗装工事 ◯◯万円 ペンキ、ニス塗り、外壁の吹付け工事など
 給排水設備工事 ◯◯万円 水回りに関する給排水の配管工事
 ガス工事 ◯◯万円 ガス管に関する工事
 住宅設備工事 ◯◯万円 システムキッチンなどの住宅設備を取り付ける工事
 内装工事 ◯◯万円 壁や床、天井など室内の仕上げ工事
 建具工事 ◯◯万円 ドアや扉、ふすま、障子などの建具を取り付ける工事
 造作工事 ◯◯万円 階段や壁の下地などの工事
 雑工事 ◯◯万円 手すりや棚、下駄箱などの作り付け工事など
 電気設備工事 ◯◯万円 スイッチ、コンセント、インターホンなどの工事
B) 別途工事費 (付帯工事費) 2,500,000 オプションの設備や外構、その他工事の費用
 解体工事 必要に応じて 建て替え時などの家屋の解体工事
 地盤改良工事 必要に応じて 軟弱地盤の場合に必要な工事
 冷暖房設備工事 500,000 エアコンなどの空調の設置、床暖房などの工事
 照明器具工事 200,000 照明器具の工事
 カーテン工事費 300,000 カーテンレールやカーテンの設置
 外構工事 1,500,000 門や塀、カーポート、植木などの工事
C) 諸費用 (諸経費) 580,000 建築工事費以外にかかる費用
 地盤調査費用 50,000 地盤の硬さや地質を調べるのにかかる費用
 工事請負契約書印紙代 10,000 建築工事の契約書に貼り付ける印紙代
 建築確認申請料 50,000 住宅建設を自治体に申請する際にかかる費用
 瑕疵担保保険料 50,000 引き渡しから10年以内の施工ミスなどに対する保険
 登記費用 200,000 建物の登記にかかる費用
 地鎮祭費用 20,000 地鎮祭を行う場合の費用
 火災保険料 200,000 火災をはじめ各種災害や事故に対する保険
D) 消費税 (A+Bの10%) 1,750,000
E) 総額 (A+B+C+D) 19,830,000

業者によって、項目の用語や内訳・明細の作り方が異なることがありますが、だいたいこんな感じです。

詳しく知りたい方は、書籍を読むのもおすすめです。

家づくりの本
【家づくり】おすすめの本&雑誌【マイホーム知識の勉強・参考に】

続きを見る

2. 見積もり書を比較するポイント

見積もり書を比較するポイントは、下記の4つです。

・1. 見積もり内容に間違いがないか?
・2. 見積もり書のページ数が多いか?
・3. 大きな項目にヌケモレがないか?
・4. 項目が一式表示になっていないか?

まず、「見積もり内容に間違いがないか?」をチェックしましょう。

やり方は簡単で、家づくり要望ノートの内容と見積もり書を比べて、1つずつ確認していけばOKです。

もし、「要望が反映されていない」などの間違いがあれば、その理由を業者に聞きましょう。

※もっともな理由があればいいですのが、「忘れていました…」などという業者もいるので、要注意です。

次に、「見積もり書のページ数が多いか?」をチェックしましょう。

見積もり書は、それなりにしっかり作れば「20ページくらいのボリューム」になります。

※なので、「2〜3ページ程度の見積もり書」しか出さない業者は、ダメな可能性が高いです。

また、「大きな項目にヌケモレがないか?」をチェックしましょう。

例えば、重要な項目である、

・仮設工事費
・外構工事費
・解体工事費(建て替えの場合)

などが、見積もり書に全く記載されていないケースがよくあります。

業者によっては、総額を安く見せるために「意図的に抜いている」場合もあります。

※いずれにしても、項目のヌケモレが多い場合は、ダメな業者である可能性が高いです。

さらに、「項目が一式表示になっていないか?」をチェックしましょう。

しっかりした見積もり書には、工事内容や材料の、

・名称
・グレード
・品番
・数量
・単価

などが細かく書かれています。

これが「一式:◯◯万円」などと、ざっくりした表示になっていないでしょうか?

一式表示では、詳細が全くわからず、見積もりの意味がありません。

※このように「一式表示」しかしない業者は、ダメな業者である可能性があります。

3. 見積もり書をチェックする際の注意点

それは、「金額だけで判断しない」ということです。

確かに、見積もりでは、どうしても金額に目が行ってしまいがちです。

しかし、

・1. 概算見積もり:候補を3〜5社選ぶ
・2. 明細見積もり:候補を1社に絞る
・3. 最終見積もり:1社と契約前に行う

という3つのタイミングのうち、1と2の段階の金額は「概算中の概算」でしかありません。

悪い業者になると、安い見積もりを見せて契約させ、契約後に「これはオプションになります」などと、大幅な追加費用を請求してくるところもあります。

いきなり金額の安い業者に飛びつくのではなく、「良い業者を選ぶ」ための判断材料の1つとして、見積もりを活用すべきなのです。

良い業者を選べば、コストダウンはいくらでもできます。

※限られた予算の中で、より多くの要望を叶えてくれるように頑張ってくれるはずです。

なので、見積もりを「金額だけで判断する」ことはやめましょう。

【新築注文住宅】見積もり書の値引き・コストダウンのコツ

コストカット

見積もり書の「値引き」「コストダウン」のコツについて、

・1. 相見積もりの段階で値引き交渉はしない
・2. 業者が決まったら予算を正直に伝える
・3. 優先順位が低いものを削ってコストダウンする
・4. 間取りを工夫してコストダウンする

といった「4つのポイント」を紹介していきます。

1. 相見積もりの段階で値引き交渉はしない

大前提として「相見積もりの段階で値引き交渉はしない」ことです。

相見積もりの金額は「概算中の概算」なので、「値引き交渉」や「価格競争」という考え方がそもそも間違いなのです。

※業者側からすれば、値引きは「契約を取るための単なる数字遊び」にすぎません。実際は、契約後に値引き分以上を「オプション」として上乗せされることが多いです。

2. 業者が決まったら予算を正直に伝える

一方、業者と設計契約をして、実施設計に入ったら、予算は正直に伝えます。

あとは、その予算に収まるように話し合いを重ねていくだけです。

これも「値引き交渉」ではなく、「どうしたら予算に収まるだろうか?」という誠実なスタンスで向き合うと、良い結果につながります。

※良い業者であれば、ほとんどの場合「何とかして」くれます笑。

3. 優先順位が低いものを削ってコストダウンする

例えば、

・広い玄関
・大きな子ども部屋
・和室や来客用の部屋
・太陽光発電システム
・床暖房
…etc

これらは本当に必要でしょうか?

いずれも、無くすことで「数十万〜100万円」単位の節約ができるものばかりです。

いまいちど、「優先順位」を考えてみましょう。

4. 間取りを工夫してコストダウンする

コストダウンにつながる「間取りの工夫」は、下記の6つです。

・1. 家の形をシンプルにする。正方形や長方形など。
・2. 平屋より二階建てにする。総二階だとより安くなる。
・3. 必要以上に部屋数を増やさない。壁・間仕切りを減らす。
・4. 屋根裏や床下の空間を利用する。収納スペースを減らす。
・5. 水回りをまとめる。キッチン脇に洗面所、風呂、トイレなど。
・6. 和の空間を工夫する。和室にせず畳スペースなどにする。

特に1〜3は、金額を大きく節約できる方法なので、おすすめです。

【新築注文住宅】見積もり書のよくある質問・悩みのQ&A

Q&A

本記事の最後に、「見積もり書のよくある質問・悩み」について、私の考えを述べたいと思います。

下記の9個について、「Q&A形式」で1つずつ回答していきます。

・Q1. 新築ブログで公開されている見積もり書の実例は参考になる?
・Q2. 大手ハウスメーカーと工務店で見積もり書の違いはある?
・Q3. 新築注文住宅の概算見積もりと最終見積もりの違いは?
・Q4. 見積もり金額の妥当性が分からない…
・Q5. 新築の見積もり額は、実際に支払う金額と違うの?
・Q6. ハウスメーカー(工務店)の見積もりって有料なの?
・Q7. 家の見積もり作成って何日かかる?期間は?
・Q8. 工務店やハウスメーカーが見積もり書を出さないのですが…
・Q9. 新築注文住宅の見積もりをシミュレーション方法はある?

Q1. 新築ブログで公開されている見積もり書の実例は参考になる?

このブログでも紹介していてなんですが、「あまり参考にならない」と思います笑。

なぜなら、

・1. 人によって要望がまったく違う
・2. 見積もり書の精度がまったく違う

からです。

まず、当然ですが「人によって要望が違う」わけです。

例えば「なるべく安く家を建てたい」人と「性能・設備・内装にこだわりたい」という人では、金額も大きく変わるでしょう。

※なので、他人の見積もり書は参考になるようで、ならないのです。

次に、「見積もり書の精度が違う」ことが多いです。

多くのブログで紹介されている見積もり書は、大半が「概算見積もり」でしかありません。

※ボリュームも数ページ程度で、項目も「一式表示」が目立ちます。

実際は、細かい設計を詰めていくと、ほとんど金額が(高いほうに)変わります。

Q2. 大手ハウスメーカーと工務店で見積もり書の違いはある?

あります。

大手ハウスメーカーは「概算見積もり」かつ「一式表示」が多い気がします。

一方、工務店は「明細見積もり」かつ「詳細表示」が多い気がします。

当然、「明細見積もり」かつ「詳細表示」のほうが、良い見積もり書と言えます。

Q3. 新築注文住宅の概算見積もりと最終見積もりの違いは?

簡単に言えば、下記のとおりです。

▼概算見積もり
・工事内容や材料がざっくりとしか書かれていない
・候補となる業者を絞るときに利用する

▼最終見積もり
・工事内容や材料がかなり細かく書かれている
・業者と契約する直前にチェックする

Q4. 見積もり金額の妥当性が分からない…

私も同じように悩んでいました笑。

しかし、振り返ってみると、実施設計する前の、

・概算見積もり
・明細見積もり

の段階は「概算中の概算」なので、「妥当性も何もない」というのが正直なところです。

金額の妥当性を判断できるとしたら「最終見積もり」なのですが、これは設計契約をして、実施設計をして、何回もブラッシュアップしてやっと完成するものです。

しかし、設計契約をする段階では「すでに業者を1社に絞っている」状態です。

なので、後は予算を正直に伝えて、できるだけ要望を実現してもらうしかありません。

「予算内で多くの要望が実現できる」のであれば、「その金額は妥当」と言えるのではないでしょうか。

Q5. 新築の見積もり額は、実際に支払う金額と違うの?

「概算見積もり」の金額は、その後の話し合いによって、大きく変わることがあります。

一方、「最終見積もり」の金額は、工事費用などを正確に算出したものなので、基本的には支払う金額と同じです。

しかし、業者によっては、まず概算で契約させ、その後「オプション費用」などと称して追加費用を請求してくる場合があるので、注意が必要です。

Q6. ハウスメーカー(工務店)の見積もりって有料なの?

ハウスメーカーでも工務店でも、基本的に無料です。

ただ、一部の工務店などでは、見積もりの回数が多くなると有料になる場合があるようです。

見積もり書 無料 有料
新築注文住宅の見積もり・間取りは無料?【ハウスメーカー&工務店】

続きを見る

Q7. 家の見積もり作成って何日かかる?期間は?

一般的には、

・ハウスメーカー:数日〜1週間
・工務店:2週間前後

くらいの期間で見積もり書を作ってもらえます。

しかし、

・客としての優先度が低い
・忙しいor人手が足りない
・現地調査や役所調査が必要
・解体などの別途工事がある

といった理由から、1ヶ月くらいの時間がかかることもあります。

遅くなることを防ぐには「事前に提案予定日を聞く」ことが大切です。

そして、予定日が過ぎても提案がない場合は「◯月◯日にご提案いただける予定なのですが…」と、それとなく催促してみます。

また、「◯◯ハウスは見積書を提案してくれたのですが…」と他社を引き合いに出すのも効果的です。

Q8. 工務店やハウスメーカーが見積もり書を出さないのですが…

一部の工務店やハウスメーカーでは、予算や資金計画を話し合ってからでないと、見積もり書を出してくれないことがあるようです。

ただ、それが面倒くさいのであれば、よほど気になる業者でない限り、候補から外してもいいと思います。

Q9. 新築注文住宅の見積もりをシミュレーション方法はある?

以下の2つのサイトで、見積もりをシミュレーションすることができます。

建てたい家の費用が無料でわかるシミュレーションサイトです。

希望の間取りや坪数、住宅の仕様などをポチポチと選んでいけば、かんたんに見積もりができます。

また、見積もり額をもとに、ローン返済のシミュレーションも可能です。

実際の業者が、「見積もり書」を無料で作ってくれるサイトです。

大手のハウスメーカーから中堅、ローコスト系、そして地元の工務店まで、いろんな業者から一括で見積もり書を集められます。

業者と直接会う必要がなく、ネット上で全て完結するので手間がかかりません。

-失敗・後悔しない新築注文住宅

Copyright© 失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】 , 2020 All Rights Reserved.