失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】

家づくりの経験者が「失敗しない新築注文住宅のポイント」や「ハウスメーカーの比較・ランキング」などをまとめているブログです。

失敗・後悔しない新築注文住宅

【新築注文住宅】見積もり&費用シミュレーションサイト9選

見積書
家を建てる人「新築注文住宅の費用や見積もりをシミュレーションする方法ってありますか…?」

こんなお悩みに答えます。

こんにちは。家の建て替えを経験した「とある東北人」です。

家づくりで気になるのが、「費用」についてです。

例えば、

・新築一戸建ての総額ってどのくらい?
・注文住宅(オーダーメイド)の価格相場を知りたい
・マイホームの予算ってどう考えればいいの?

といったことで悩まれる方も、少なくないでしょう。

本記事では、そんな人に役立つ「新築注文住宅の見積もりや費用を無料でシミュレーションできるサイト」をご紹介したいと思います。

【新築注文住宅】見積もり&費用シミュレーションサイト9選

家 シミュレーション

新築注文住宅の見積もりや費用をシミュレーションできるサイトを、9つご紹介します。

いずれも全て無料で使えますので、ぜひご活用ください。

1. タウンライフ

タウンライフ

実際の業者が、「見積もり書」を無料で作ってくれるサイトです。

※こちらの要望を元に「オリジナルの間取りプラン」も作ってもらえます。

大手のハウスメーカーから中堅、ローコスト系、そして地元の工務店まで、いろんな業者から一斉に見積もり書を集められます。

業者と直接会う必要がなく、ネット上で全て完結するので手間がかかりません。

2. 住宅見積もり.com

住宅見積もり.com

建てたい家の費用がわかるシミュレーションサイトです。

希望の間取りや坪数、住宅の仕様などをポチポチと選んでいけば、かんたんに見積もりができます。

また、見積もり額をもとに、ローン返済のシミュレーションも可能です。

3. ミサワ・ウェブダイレクト (価格シミュレーション)

ミサワ・ウェブダイレクト(価格シミュレーション)

ミサワホームの価格シミュレーションサイトです。

家を建てる地域、坪数、価格帯を選ぶと、該当するプランが表示されます。

さらに、間取りや設備を細かく選択すれば、価格をシミュレーションすることができます。

4. 木の家¥シミュレーター

木の家¥シミュレーター

自分でオリジナルの間取りを作って、建築費をシミュレーションできるサイトです。

間取りや仕様などをかなり細かく設定でき、なかなか面白いです。

また、他の人が作った間取りや建築費を見ることもできます。

5. MY HOME MARKET (マイホームマーケット)

マイホームマーケット

建物本体とオプションの価格をシミュレーションできるサイトです。

仕様や設備の組み合わせを選ぶと、総額が表示されます。

複数の業者を横断的に見ることが可能です。

6. 見積りシミュレーション

ウッドフレンズ 見積りシミュレーション

見積もりのシミュレーションができるサイトです。

仕様や設備の組み合わせを選ぶと、総額が表示されます。

その他工事費や諸費用などを知ることもできます。

7. 【飯田産業】価格シミュレーション(費用計算)

飯田産業 価格シミュレーション

飯田産業の価格シミュレーションです。

希望の階数と坪数を入力するだけで、総額が表示されます。

ざっくり概算が知りたい人向けです。

8. 住宅費用シミュレーション

桑原建築設計室 住宅費用シミュレーション

住宅費用のシミュレーションができるサイトです。

構造や仕様、オプションを選択していくと、建設価格が表示されます。

ざっくり概算が知りたい人向けです。

9. 予算内で理想の住まいを建物価格から探す注文住宅

cratch

建物の価格帯別に建築実例が見られるサイトです。

建物価格以外に必要な費用や、支払いシミュレーションの事例が具体的に解説されています。

【家を建てる費用】価格相場をシミュレーションしてみた

家探し

そもそも「家を建てる費用」は、総額でいくらくらいなのでしょうか?

下記は、「土地付き注文住宅」の全国平均データです。

地域 総額(万円) 建物(万円) 建物の坪数 土地(万円) 土地の坪数
全国 4,112.6 2,777.5 34.0 1,335.1 66.9
三大都市圏 4,463.1 2,689.9 33.2 1,773.2 53.8
首都圏 4,774.7 2,628.9 32.2 2,145.8 50.1
近畿圏 4,227.3 2,652.4 33.6 1,574.9 50.5
東海圏 4,106.5 2,898.3 34.9 1,208.2 68.5
その他地域 3,762.1 2,865.1 34.8 897.0 80.0

※出典:フラット35利用者調査 (2018年度集計表)

つまり、マイホームを土地付きで購入するなら、

・首都圏:約4,800万円
・都市圏:約4,200万円
・その他:約3,800万円

というのが、「総額の平均相場」であると考えられます。

ただ、上記の金額は、

・建物の坪数:32.2坪〜34.9坪
・土地の坪数:50.1坪〜80.0坪

におけるデータなので、それを「1坪あたり」に計算し直すと、

地域 建物1坪(万円) 土地1坪(万円)
全国 81.7 20.0
三大都市圏 81.0 33.0
首都圏 81.6 42.8
近畿圏 78.9 31.2
東海圏 83.0 17.6
その他地域 82.3 11.2

となります。

例えば「その他地域」で、

・建物の坪数:30坪
・土地の坪数:50坪

の家を建てる場合であれば、

・建物:30坪 × 82.3万円/坪 = 2,469万円
・土地:50坪 × 11.2万円/坪 = 560万円
・合計:3,029万円

というのが「より正確な平均相場」であると考えられます。

【厳選おすすめ3つ】結局どの見積もり・費用シミュレーションがいいの?という人へ

情報が氾濫している

本記事では、さまざまな「見積もり・費用シミュレーションサイト」を紹介してきましたが、

数が多すぎてどれを使えばいいかわからない…

という方もいると思います。

そんな人のために、「特におすすめなシミュレーション」を3つ、ご紹介します。

1. 住宅見積もり.com

住宅見積もり.com

1つ目は「住宅見積もり.com」です。

これは、費用をざっくり知りたい人におすすめです。

その理由は、

・おおよその建築・施工費用がわかる
・条件や仕様を選んでいくだけで操作が簡単
・住宅ローンの返済シミュレーションもできる

からです。

ただ、あくまで「概算中の概算」しかわからないので、注意が必要です。

▼住宅見積もり.com
http://www.jutaku-mitsumori.com/

2. MY HOME MARKET (マイホームマーケット)

マイホームマーケット

2つ目は「MY HOME MARKET (マイホームマーケット)」です。

これは、相場を知りたい人におすすめです。

その理由は、

・具体的なラインナップを選べる
・本体価格の総額が表示されている
・ハウスメーカーを横断的に調べられる

からです。

ただし、掲載している業者が少ないことと、「規格住宅」の価格シミュレーションであることに注意が必要です。

▼MY HOME MARKET (マイホームマーケット)
https://myhomemarket.jp/

3. タウンライフ

タウンライフ

3つ目は「タウンライフ」です。

これは、具体的な費用を知りたい人におすすめです。

その理由は、

・複数の業者に間取り図と見積もり書を作ってもらえる
・業者と直接会う必要がなくネット上で完結する
・全て無料で利用できる

からです。

他のシミュレーションは、あくまで「一般的な家」を建てるざっくりとした費用しかわかりません。

しかし、タウンライフは「自分が建てたい家」の費用や見積もりを具体的に知ることができるのです。

※入手できる見積もり書には、細かい費用項目も書かれています。

そういう意味では、タウンライフは「最強の費用シミュレーション」であると言えます。

使ったことのない人は、いちど試してみると良いでしょう。

▼タウンライフ
https://www.town-life.jp/home/

-失敗・後悔しない新築注文住宅

Copyright© 失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】 , 2022 All Rights Reserved.