失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】

家づくりの経験者が「失敗しない新築注文住宅のポイント」や「ハウスメーカーの比較・ランキング」などをまとめているブログです。

失敗・後悔しない新築注文住宅

【新築注文住宅を安く】予算オーバーを防ぐコストダウン&値引き方法

家 紙幣 電卓
マイホームを安く手に入れたい人「マイホームを安く建てる(買う)方法が知りたいです…。また、予算オーバーを防ぐ方法や、コストダウン・値引きなどについても教えてほしいです…!」

こんなお悩みに答えます。

こんにちは。家の建て替えを経験した「とある東北人」です。

マイホームを安く建てたい(買いたい)

というのは、家づくりをする全ての人に「共通する願い」ですよね…笑。

その一方で、

・どうすれば安くできるの?
・とにかく格安・激安の家がほしい!
・予算オーバーを防ぐためには?
・コストダウンや値引きについて知りたい!

悩むことが多いのも事実です。

本記事では、そんな人に役立つ「マイホームを安く建てる(買う)方法」や、予算オーバーを防ぐ「コストダウン方法・値引き・節約術」をご紹介したいと思います。

新築注文住宅を安く建てる【高い費用を安くする方法】

マイホーム 家族 見学

「新築注文住宅を安く建てる方法」は、下記のとおりです。

・1. 安いハウスメーカー(工務店)を見つける
・2. 相見積もりを3社以上に取る
・3. 総額÷坪数(=坪単価)を比較する

この3つのポイントを押さえれば、高い費用を「数百万円単位」で安くすることができます。

それぞれ、1つずつ解説していきます。

1. 安いハウスメーカー(工務店)を見つける

1つ目のポイントは、「安いハウスメーカー(工務店)を見つける」ことです。

当たり前ですが、安い業者であればトータルの費用を安くできるからです。

しかし、業者によって金額にどれほどの差が出るか、ご存知でしょうか?

例えば、ハウスメーカーは「坪単価」によって、

・超ローコスト:20万円〜
・ローコスト系:30万円〜50万円
・中堅:50万円〜70万円
・大手:70万円〜

と分類することができます。

仮に「30坪の家」を建てるとして、ローコスト系のA社と大手のB社で坪単価に「20万円の差」があった場合、

30坪 × 坪単価20万円 = 600万円

もの違いになるのです。

※坪単価の違いや、建てる家の坪数によっては、1,000万円くらいの差になることもありえます。

なので、まずはとにかく「安い業者」を見つけるようにしましょう。

なお、「主なハウスメーカーの坪単価」は下記のとおりです。

「坪単価の下限が安い順」にランキングにしてますので、参考にしてください。

順位 業者名 参考価格(坪単価)
1 センチュリーホーム 20万円〜50万円
2 アイダ設計 25万円~45万円
3 秀光ビルド 28.8万円~60万円
4 ジブンハウス 30.3万円~56万円
5 タマホーム 30万円~80万円
5 ロイヤルハウス 30万円~50万円
6 パパまるハウス 31.1万円〜38万円
7 ベツダイホーム 33万円〜73万円
8 飯田産業 34.5万円~51.5万円
9 イシンホーム住宅研究会 35万円~55万円
9 エイ・ワン 35万円〜55万円
9 クレバリーホーム 35万円~80万円
9 トヨタウッドユーホーム 35万円〜70万円
9 一建設 35万円~
10 ヤマト住建 36万円〜75万円
11 アイフルホーム 40万円~69万円
11 アエラホーム 40万円〜100万円
11 アキュラホーム 40万円~140万円
11 ウィザースホーム 40万円~100万円
11 エースホーム 40万円~60万円
11 GLホーム 40万円〜50万円
11 住宅情報館 40万円〜60万円
11 泉北ホーム 40万円〜60万円
11 トヨタホーム 40万円~100万円
11 ブルースホーム 40万円〜80万円
11 ヤマダホームズ 40万円~80万円
12 富士住建 42万円~50万円
13 イシカワ 43万円〜50万円
14 レオハウス 43.2万円~75.6万円
15 アーデンホーム 45万円~60万円
15 サイエンスホーム 45万円~60万円
15 セルコホーム 45万円~85万円
15 広島建設 45万円~80万円
15 フィアスホーム 45万円〜70万円
16 百年住宅 48万円〜70万円
17 一条工務店 50万円〜80万円
17 イノスグループ 50万円~70万円
17 FPの家 50万円〜70万円
17 菊池建設 50万円~90万円
17 住友不動産 50万円〜60万円
17 積水ハウス 50万円〜80万円
17 納得スタイルホーム 50万円〜
17 パナソニックビルダーズグループ 芙蓉ホーム 50万円〜65万円
17 フェニーチェホーム 50万円~70万円
17 フジ住宅 50万円〜65万円
17 ポラス 50万円~80万円
17 メープルホームズ 50万円〜90万円
18 ユニバーサルホーム 51万円~60万円
19 古河林業 52万円~93万円
20 木下工務店 55万円~90万円
20 住友林業 55万円~150万円
20 ナイス 55万円~75万円
20 日本ハウスHD (旧:東日本ハウス) 55万円〜65万円
20 北洲ハウジング 55万円〜80万円
21 Skog(スコーグ)のいえ 60万円〜75万円
21 住友不動産CITY HOUSE STYLE 60万円〜
21 セキスイハイム 60万円~100万円
21 パナソニック ホームズ 60万円~110万円
21 桧家住宅 60万円~80万円
21 ミサワホーム 60万円~150万円
21 三井ホーム 60万円~250万円
21 無印良品の家 60万円〜80万円
21 無添加住宅 60万円〜70万円
21 夢ハウス 60万円〜80万円
22 レスコハウス 61万円~95万円
23 フローレンスガーデン(工藤建設) 62.5万円〜105.8万円
24 カネカソーラーサーキットのお家 65万円~80万円
24 土屋ホーム 65万円〜75万円
25 スウェーデンハウス 66.6万円~200万円
26 旭化成ホームズ(ヘーベルハウス) 70万円~150万円
26 インデュアホーム 70万円~90万円
26 サンヨーホームズ 70万円~100万円
26 大共ホーム 70万円~90万円
26 ダイワハウス 70万円~150万円
26 三菱地所ホーム 70万円~200万円
27 大成建設ハウジング(パルコン) 75万円〜90万円

2. 相見積もりを3社以上に取る

2つ目のポイントは、「相見積もりを3社以上に取る」ことです。

さきほど「ハウスメーカーの坪単価」を紹介しましたが、ざっくりとした目安でしかないため、実際には見積もりを取って確認する必要があります。

※たとえ坪単価が安い業者でも、最終的にはそれなりの金額になることも多いからです。

見積もりを取る際には、必ず「3社以上」の業者に依頼するようにします。

2社では「比較対象」が少なすぎて、金額の妥当性を判断できません。

一方、上限は特にありませんが、候補は多いほど良いので「相見積もりはできるだけ多く」というのが望ましいです。

しかし、全ての業者に1社ずつ見積もりを依頼するのは大変なので、下記のサイトを使うとよいでしょう。

このサイトは無料で利用でき、複数の業者から一括で見積もり書を集めることができるので便利です。

3. 総額÷坪数(=坪単価)を比較する

3つ目のポイントは、「総額÷坪数(=坪単価)を比較する」ことです。

安く建てたいからといって、「総額の安い業者」に簡単に飛びついてはいけません。

例えば、

・A社:総額1,500万円、坪数25坪
・B社:総額1,650万円、坪数30坪

という場合、総額はA社が150万円安いですが、坪数はB社が5坪多くなっています。

この2社の「総額÷坪数(=坪単価)」を比べると、

・A社:60万円
・B社:55万円

となります。

A社のように、いくら総額が安くても、坪数が少なければ安いとは言えません。

一方、B社は総額は高いですが、坪単価が安いため、坪数を減らせば総額も安くできます。

※仮にB社で25坪にすれば、1,375万円となり、A社よりも125万円安くなります。

このように、「総額÷坪数(=坪単価)」を比較して、本当に割安な業者を見つけることが大切です。

タウンライフの見積書
【新築・注文住宅】見積もり書の取り方・見方・比較チェック方法

続きを見る

マイホームを格安・激安で手に入れる【最安値・最低価格】

家探し

そもそも、「新築(注文住宅)の値段」は、総額でいくらくらいかご存知でしょうか?

下記は、「土地付き注文住宅」の全国平均データです。

地域 総額(万円) 建築費(万円) 土地取得費(万円)
全国 4,112.6 2,777.5 1,335.1
三大都市圏 4,463.1 2,689.9 1,773.2
 首都圏 4,774.7 2,628.9 2,145.8
 近畿圏 4,227.3 2,652.4 1,574.9
 東海圏 4,106.5 2,898.3 1,208.2
その他地域 3,762.1 2,865.1 897.0

※出典:フラット35利用者調査 (2018年度集計表)

つまり、新築の注文住宅を土地付きで購入するなら、

・首都圏:約4,800万円
・都市圏:約4,200万円
・その他:約3,800万円

というのが、「総額の平均相場」であると考えられます。

一方で、もっと安く「格安・激安でマイホームを手に入れたい」という場合は、下記の3つの方法が考えられます。

・1. 建売住宅を購入する
・2. 中古一戸建てを購入する
・3. リフォームする

これらについて、1つずつ解説していきます。

1. 建売住宅を購入する

1つ目の方法は、「建売住宅を購入する」ことです。

私の地域でもよくチラシがポスティングされていますが、ゼロから作る注文住宅より、「既成品である建売住宅」は割安なことが多いです。

「フラット35」のデータでも、

土地付き注文住宅 建売住宅
首都圏 約4,800万円 約3,800万円
都市圏 約4,200万円 約3,100万円
その他 約3,800万円 約2,800万円

※出典:フラット35利用者調査 (2018年度集計表)

となっており、注文住宅を土地付きで建てるよりも、「1,000万円」ほど安くなります。

なお、「新築一戸建ての最低価格・最安値」は、下記のサイトで調べることができます。

また、「格安な建売住宅の情報」を集めるには、下記のサイトも便利です。

2. 中古一戸建てを購入する

2つ目の方法は、「中古一戸建てを購入する」ことです。

特に、地方は人口が減少して空き家が多いため、それを買って「部分的なリフォーム(リノベーション)をして住む」というのも賢い選択だと思います。

「フラット35」のデータでも、

土地付き注文住宅 建売住宅 中古戸建
首都圏 約4,800万円 約3,800万円 約3,000万円
都市圏 約4,200万円 約3,100万円 約2,200万円
その他 約3,800万円 約2,800万円 約2,000万円

※出典:フラット35利用者調査 (2018年度集計表)

となっており、注文住宅を土地付きで建てるよりも「2,000万円」ほど安く、建売住宅を買うよりも「800万円〜900万円」ほど安くなります。

なお、「中古一戸建ての最低価格・最安値」は、下記のサイトで調べることができます。

また、「格安な中古一戸建ての情報」を集めるには、下記のサイトも便利です。

3. リフォームする

3つ目の方法は、「リフォームする」ことです。

「持ち家」があるなら、当然「リフォームする」という選択肢もあります。

トータルで「数百万円〜1,000万円」くらいのリフォームで済むならば、最も安上がりになります。

私たちの場合も「持ち家」だったため、下記サイトで「リフォームの見積もり」をとってみました。

その結果、家を全面的にリフォームする必要があり、金額が1,000万円を超えたため、新築(建て替え)をすることにしました。

しかし、大抵はリフォームのほうが安くなることが多いので、判断に迷った場合は、まず見積もりをとるのが良いと思います。

新築注文住宅の予算オーバーを防ぐ【コストダウン・値引き・節約術】

コストカット

本記事の最後に、新築注文住宅の予算オーバーを防ぐ「コストダウン・値引き・節約術」についてご紹介します。

ポイントは、下記の5つです。

・1. 予算上限の8割を業者に伝える
・2. 坪数を減らす
・3. 間取りを工夫する
・4. 優先順位が低いものを無くす
・5. 相場を事前につかんでおく

それぞれについて、1つずつ説明していきます。

1. 予算上限の8割を伝える

1つ目のポイントは、「予算上限の8割を業者に伝える」ことです。

なぜなら、ほとんどの業者は「予算オーバーした見積もり書」を出してくるためです。

その背景には、

・こちらの懐具合(=上限予算)を探る
・最後に値引きして「割安感」を演出する

という業者側の狙いがあります。

なので、例えば、

・予算上限が2,000万円のとき → 「予算は1,600万円です」
・予算上限が2,500万円のとき → 「予算は2,000万円です」

という具合に「予算上限の8割」を業者に伝えるようにしましょう。

家づくりの予算
【マイホーム】予算・ローン・費用シミュレーションサイト20選

続きを見る

2. 坪数を減らす

2つ目のポイントは、「坪数を減らす」ことです。

これは、見積もり書の金額を最もコストダウンできる方法です。

「ハウスメーカーの坪単価」は、ざっくり、

・超ローコスト:20万円〜
・ローコスト系:30万円〜50万円
・中堅:50万円〜70万円
・大手:70万円〜

と分類することができるため、仮に「5坪減らす」とすると、

・超ローコスト:100万円〜
・ローコスト系:150万円〜250万円
・中堅:250万円〜350万円
・大手:350万円〜

くらいは安くできると考えられます。

例えば、ある業者から「35坪のプラン」を提案されて「5坪減らしたい」という場合は、

他の業者様からは30坪でかなり良いプランを提案していただけました。◯◯ハウス様でも全体の坪数を30坪にしていただき、再度ご提案をしていただくことはできますでしょうか?

こんな感じに伝えると良いでしょう。

3. 間取りを工夫する

3つ目のポイントは、「間取りを工夫する」ことです。

要点だけまとめると、下記の6つになります。

・1. 家の形をシンプルにする。正方形や長方形など。
・2. 平屋より二階建てにする。総二階だとより安くなる。
・3. 必要以上に部屋数を増やさない。壁・間仕切りを減らす。
・4. 屋根裏や床下の空間を利用する。収納スペースを減らす。
・5. 水回りをまとめる。キッチン脇に洗面所、風呂、トイレなど。
・6. 和の空間を工夫する。和室にせず畳スペースなどにする。

特に1〜3は、金額を大きく節約できる方法なので、おすすめです。

タウンライフの間取りプラン
【新築注文住宅の間取り】参考実例プラン集まとめ&失敗しない決め方

続きを見る

間取りを書く
【マイホーム】間取りシミュレーションサイト&アプリ18選【無料】

続きを見る

4. 優先順位が低いものを無くす

4つ目のポイントは、「優先順位が低いものを無くす」ことです。

例えば、

・広い玄関
・大きな子ども部屋
・和室や来客用の部屋
・太陽光発電システム
・床暖房
…etc

これらは本当に必要でしょうか?

いずれも、無くすことで「数十万〜100万円」単位の節約ができるものばかりです。

いまいちど、考えてみましょう。

5. 相場を事前につかんでおく

5つ目のポイントは、「相場を事前につかんでおく」ことです。

おおよその相場を事前につかむのは、「無理な値引き交渉」を避けるために必須です。

確かに、坪数を減らしたり、優先順位が低いもの無くすといった「常識的なコストダウン・値引き」なら全く問題ありません。

しかし、「◯◯の項目がA社と比べて10万円高いから安くしてよ!」などと値引きを強要しすぎると、最も大切な材料費や人件費が削られてしまいます。

すると、ミスや欠陥住宅が起きるリスクが一気に増えますので、要注意です。

そうならないためには、「金額の相場」を事前につかんでおくことがポイントです。

例えば、自分たちの希望する家を建てるのに、だいたい「2,000万円〜2,500万円くらいかかる」ということがわかっていれば、

2,000万円以下にしてよ!

というような「無理な値引き」をしなくて済むからです。

金額の相場を事前につかむためには、下記のサイトが便利です。

このサイトは無料で利用でき、複数の業者から一括で「概算の見積もり書」を集めることが可能です。

入手した見積もり書を並べてみれば、だいたいの「金額の幅」がわかるので、相場をつかむことができるでしょう。

-失敗・後悔しない新築注文住宅

Copyright© 失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】 , 2020 All Rights Reserved.