失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】

家づくりの経験者が「失敗しない新築注文住宅のポイント」や「ハウスメーカーの比較・ランキング」などをまとめているブログです。

失敗・後悔しない新築注文住宅

【住宅ローン】基礎知識・勉強方法・おすすめ本【について学ぶ】

住宅ローン 初心者
家を建てる人「住宅ローンの基礎知識や勉強方法を知りたいです」

こんなお悩みに答えます。

こんにちは。家づくりを経験した「とある東北人」です。

住宅ローンを検討する上で、

・流れや仕組みってどんな感じ?
・用語が難しくてわからない…
・基本的な知識を身につけたい

と悩んでいる人も少なくないでしょう。

本記事では、そんな人に役立つ「住宅ローンの基礎知識や勉強方法」をご紹介したいと思います。

住宅ローンの基礎知識について学ぶ

住宅ローン 付箋

住宅ローンの基礎知識としては、下記の6つを押さえればOKです。

・1.住宅ローンのデータ
・2.住宅ローンの種類
・3.住宅ローンの金利
・4.住宅ローンの手数料、保証料
・5.住宅ローンの団体信用生命保険
・6.住宅ローンのシミュレーション

これらについて、1つずつ解説します。

1.住宅ローンのデータ

まずはじめに、

・みんなどのくらい借りているの?
・住宅ローンの借入額の平均は?

ということが気になると思いますが、参考になるデータがあります。

・住宅+土地の資金:5,112万円
・自己資金:1,203万円(23.5%)
・借入金:3,909万円(76.5%)
・年間返済額:139.4万円
・年収に対する返済負担率:18.1%

※出典:令和3年度 住宅市場動向調査(国土交通省)
※データは全国平均のもの

つまり、住宅ローンの借入額の平均は「3,909万円」ということです。

まずは、このデータをざっくり把握しましょう。

2.住宅ローンの種類

次に、「住宅ローンの種類」については、下記のとおりです。

▼民間ローン
・都市銀行
・地方銀行
・信用金庫/信用組合
・JA/ろうきん
・ネット銀行
・住宅ローン会社

▼半民半官ローン
・フラット35(住宅金融支援機構)

▼公的ローン
・財形住宅融資
・自治体融資

たくさんあって混乱しそうですが、ほとんどの人は、

・民間ローン(銀行独自のもの)
・フラット35(窓口は銀行)

のいずれかを利用することが大半なので、この2つだけ覚えておけばOKです。

3.住宅ローンの金利

住宅ローンの金利については、大きく分けて、

▼固定金利型
契約時の金利に固定。返済額は確定するが、変動金利より高め。

▼変動金利型
金利が変動。固定金利より低めだが、返済額が増える可能性がある。

▼固定金利選択型
一定期間は固定金利。その後、固定or変動を選ぶ。

3つのパターンがあります。

一般的には、安い「変動金利」を選択している人が多いようです。

しかし、個人的には、金利上昇のリスクに備える「固定金利」も慎重に検討したほうが良いと思います。

4.住宅ローンの手数料、保証料

住宅ローンは、金利(利息)以外にも諸費用がかかってきます。

それが、以下の2つです。

▼手数料
・金融機関の事務手数料
・定額型と定率型(融資額の◯%)があるが、定額型で数万円のところが多い

▼保証料
・保証会社に払う保証料
・前払いと後払い(返済額に追加)がある

金融機関の中には、金利が安くても手数料や保証料が高いところもあるので、忘れずにチェックすることが大切です。

5.住宅ローンの団体信用生命保険

団体信用生命保険(団信)とは、

住宅ローンの債務者が死亡または高度障害になった場合に、残金が一括完済される保険

のことです。

フラット35では加入が任意ですが、大半の民間ローンでは加入が義務付けられています。

団信に加入する場合は、内容が重複したり、掛け金が無駄になるため、すでに加入している生命保険の解約を検討する必要があります。

6.住宅ローンのシミュレーション

・自分の借入可能額ってどのくらい?
・住宅ローンを具体的に計算してみたい

という場合に便利なのが「住宅ローンのシミュレーション」です。

下記のサイトは、パターン別に金額を計算できるので、おすすめです。

▼借入希望金額から返済額を計算
https://www.flat35.com/simulation/simu_01.html

▼毎月の返済額から借入可能金額を計算
https://www.flat35.com/simulation/simu_02.html

▼年収から借入可能額を計算
https://www.flat35.com/simulation/simu_03_2.html

住宅ローンの勉強方法・おすすめの本

ペン ノート 付箋のついた本

住宅ローンについて学ぶときのポイントとして、

・1.住宅ローンの勉強方法
・2.住宅ローンのおすすめの本
・3.住宅ローンの勉強会や講習会

について、それぞれ説明したいと思います。

1.住宅ローンの勉強方法

住宅ローンの勉強で最も良い方法は、

本を買って読む

ことです。

理由としては、

・安い(1冊2000円くらい)
・情報がそれなりに正確
・情報がまとまっている
・いつでも開ける
・読み返せる

からです。

これだけのメリットが揃っている情報源は、あまりありません。

次に、住宅ローンを勉強する上でおすすめの本を紹介します。

2.住宅ローンのおすすめの本

住宅ローンを勉強する上でおすすめの本は、

住宅ローンを賢く借りて無理なく返す32の方法

です。

住宅の購入を思い立った日から、住宅ローンを完済するまでの「やるべきこと」が、32個の手順に沿ってわかりやすく書いてある本です。

かなり突っ込んだ内容まで書いてあるのですが、豊富な図解もあって読みやすく作られています。

住宅ローンの本はいろいろ読んだのですが、正直、これ1冊を読めば十分だと思います。

3.住宅ローンの勉強会や講習会

本じゃなくて、ハウスメーカーとかFPがやってる勉強会や講習会はどうなの?

と考える人もいるかもしれません。

しかし個人的には、かなり微妙だと思います。

理由としては、

・内容が薄い、偏っている
・本以上の情報はほぼ得られない
・結局、都合の良いように誘導される

からです。

会の費用は無料であることが多いですが、彼らはボランティアではなく、仕事としてやっているわけです。

当然、内容に偏りが生まれ、彼らの都合の良いように誘導されます。

なので、単に勉強するだけなら、お金はかかりますが、本を買って読んだほうが良いと思います。

-失敗・後悔しない新築注文住宅

Copyright© 失敗・後悔しない家づくりブログ【新築・注文住宅】 , 2022 All Rights Reserved.